乳酸菌でカラダを整えよう

乳酸菌とビタミンの相性

乳酸菌とビタミン、どちらも体に良い印象がありますよね。
ビタミンの中でも、特にビタミンCは乳酸菌との相性が抜群なんです。
ビタミンCと乳酸菌の組み合わせについて、ご紹介していきましょう!

ビタミンCを摂ると、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を改善することができます。
ビタミンCは善玉菌の代表格である乳酸菌のエサとなることで、善玉菌の増殖を促進してくれるのです。
両者を積極的に摂ることによって、善玉菌が増えて腸内環境が改善されます。
腸内環境が改善されると、便秘や下痢が解消されたり、免疫力がアップしたり、アレルギー症状を緩和させることができるのです。
ちなみに、ビタミンCも乳酸菌も過剰摂取による副作用は、ほとんどないので安心ですよ。

ビタミンCと乳酸菌を効率的に摂る方法は、サプリです。
それぞれサプリで摂っても良いですし、ビタミンC配合の乳酸菌サプリや飲料を利用するという方法もあります。

乳酸菌とビタミンの関係はこれだけではありません。
実は、乳酸菌はビタミンを合成することができるのです。
乳酸菌によって合成されるビタミンは、ビタミンB1、B2、B6、B12、ビタミンK、葉酸。
これらのビタミンは、人が作ることができないビタミンなんですよ。

ビタミンは食事からだけでは十分に補うことができません。
乳酸菌を摂っていれば、ビタミン合成作用のおかげで、足りないビタミンを補うことができるのです。
しかし、乳酸菌の作用だけで、すべてのビタミンを満たせるわけではありません。
ですから、野菜や果物も積極的に摂る必要があります。
バランスの良い食生活を心がけつつ、サポート的な役割として乳酸菌を摂ることで、健康的な毎日を維持させることができます。

このように乳酸菌とビタミンは、色々な意味でとても相性が良いのです。
乳酸菌もビタミンも健康を維持させるためには必要なものなので、無理のない範囲で摂り続けてくださいね!