乳酸菌でカラダを整えよう

乳酸菌でわきがは治る?

脇の臭いは、脇の下にある汗腺から分泌される汗を雑菌が分解することにより発生します。
脇の汗が分泌される汗腺のことを、アポクリン腺といいます。
このアポクリン腺から分泌される脇汗は、最初から臭いわけではありません。
臭いの強度は汗の質が悪ければ臭く、汗の質が良ければ臭いが気にならないということになります。

汗の質は腸の状態に反映されます。
腸内環境が良ければ、汗が臭わないということです。
腸には善玉菌と悪玉菌が棲んでいるのですが、悪玉菌が多いと腸内環境が悪いということになります。
腸内環境が悪化すると、老廃物を体外に排出しにくくなります。
老廃物が体内に留まり続けると、老廃物が腐敗してそこから有毒ガスを発生させてしまいます。
発生した有毒ガスが血液に流れ込んで全身を巡ることで、脇の臭いがキツくなったり、体臭が気になるようになるのです。

ですから、脇の臭いでお悩みの方は、脇の臭いを消すスプレーをしても無駄なのです。
腸内環境を整えなければ、脇の臭いはずっと気になったままです。
腸内環境が改善すれば、脇の臭いだけではなく、その他の体臭も気にならなくなりますし、便秘を解消できたり、肌トラブルを解消することもできます。

乳酸菌は毎日摂り続けることで、体質を変えることができます。
しかし薬ではないので、乳酸菌によって体質を変えるためには、長期間かかります。
ですから、続けやすい方法で乳酸菌を摂ることが大事なのです。

乳酸菌を摂り続けやすい方法は、乳酸菌の配合されたサプリメント。
乳酸菌サプリは水さえあれば、どこでも手軽に飲むことができます。
乳酸菌サプリを摂るタイミングは、食後がベストです。
食後は胃酸の分泌が弱まっているので、生きたまま腸に届きやすくなるのです。

わきがでお悩みの方はすぐにでも治したいですよね。
乳酸菌を摂ることで、わきがで悩まない体になれるのでぜひお試しくださいね!