乳酸菌でカラダを整えよう

乳酸菌でニキビを改善

ニキビは一度できるとなかなか治りません。
そして、一度ニキビができると、同じ場所に繰り返しニキビができやすくなります。
ニキビができるとスキンケアに力を入れがちですが、大事なのはニキビができなくなる健康な肌をつくることです。

ニキビができない健康な肌をつくるために欠かせないものが乳酸菌です。
乳酸菌を摂ると腸内環境が改善されます。
腸内環境が改善されると腸のぜん動運動が活発になり、老廃物を排出しやすくなります。
体内に溜まっている老廃物は腐敗して有毒ガスを発生させてしまうのですが、このガスが肌トラブルの原因といわれているのです。
腸内環境を整えて、老廃物や有毒ガスを排出することでニキビを改善します。
継続的に乳酸菌を摂っていれば、自然とニキビのできにくい肌をつくることもできるのです。

乳酸菌の役割は他にもあります。
皮膚の細胞を活性化させるビオチンと呼ばれるビタミンがあるのですが、これは善玉菌によってつくられているのです。
腸内環境が乱れて善玉菌が減ってしまうと、ビオチンがつくられる量も減ってしまいます。
ビオチンが減ると肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまい、ニキビがなかなか治らなくなってしまうのです。
ですから、乳酸菌を摂って腸内に善玉菌を増やすことで、ビオチンをつくりだしニキビを改善させることができます。

このように乳酸菌はニキビを改善するためには欠かせないものです。
乳酸菌を摂って肌質を改善させるためには、数日感だけ乳酸菌を摂っても無意味。
乳酸菌を摂ったら数日で腸内環境が改善されて便秘が解消されますが、その状態を維持できるわけではないのです。
腸内を善玉菌優勢にし続けるためには、乳酸菌を摂り続ける必要があります。

乳酸菌を摂る方法は、ヨーグルトでも乳酸菌飲料でも乳酸菌サプリでも構いません。
自分が続けやすい方法で、乳酸菌を摂ってくださいね。
乳酸菌を摂ってニキビを改善&ニキビができない美肌をつくりましょう!