乳酸菌でカラダを整えよう

乳酸菌って何がいいの?

乳酸菌は体に良いということは知っているけど、具体的に何が良いのでしょうか?
乳酸菌を摂ると、まず腸内環境が良くなります。
腸内には、善玉菌と悪玉菌と日和見菌が棲んでいます。
乳酸菌を摂ると善玉菌が活性化するので、腸の動きが活発になるのです。
腸の動きが活発になると、便秘や下痢を解消することができます。

乳酸菌の働きとして、ここまでは何となく想像できますよね。
しかし、乳酸菌の効果はこれだけではありません。
腸内には、多くの免疫細胞が棲んでいます。
善玉菌が優勢になると免疫細胞が活性化するので、免疫力がアップして病気に負けない体をつくることができるのです。

腸内環境が改善されると、ストレスを緩和できたりうつ病を予防することができます。
腸内には幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが、90%も存在しています。
腸内環境が乱れているとセロトニンを作り出すことができなくなり、不安を感じやすくなるのです。
腸内環境が良い状態だとセロトニンがたくさん作られて、脳へきちんと運ばれます。
セロトニンが正常に脳へ運ばれると、不安を感じにくくなります。

腸は第二の脳と呼ばれるくらい重要な器官です。
腸が健康になるということは、体全体が健康になるということになります。
腸を健康にするためには、乳酸菌のサポートが重要。
乳酸菌を継続的に摂ることで、腸を善玉菌優勢にし続けることができます。

乳酸菌を摂り続けるためには、自分がストレスなく続けられる方法を見つけなければなりません。
そこでオススメの方法が、乳酸菌サプリです。
乳酸菌サプリは、数種類の乳酸菌が生きたまま腸に届くようになっていますし、飲みやすいという特徴があります。
健康のために何か始めたいけど何をしたら良いか分からないという方、最近何だか疲れやすいという方は、ぜひ乳酸菌を摂ってみてください。
乳酸菌の健康効果を実感するまでには、最低でも二週間はかかってしまいます。
しかし、徐々にではありますが確実に体質を改善させることができるので、諦めずに続けてみてくださいね!