乳酸菌でカラダを整えよう

乳酸菌が癌に与える影響とは

健康な人の体でも、癌細胞は毎日三千~五千個程できています。
通常、癌細胞が発生すると免疫細胞が攻撃して死滅させます。
しかし、免疫細胞の働きが十分ではないと、発生した癌を悪い細胞だと認識できずにそのまま生き残らせてしまうのです。

癌細胞が発生するのは、ほとんどが腸内の粘膜といわれています。
癌細胞を攻撃する免疫細胞は、腸の粘膜やひだに集まっています。
腸に棲んでいる免疫細胞を正常に機能させるには、腸内環境を整える必要があるのです。

腸内環境を整えるには、乳酸菌を摂ることが一番良いです。
乳酸菌を摂ると、腸内に善玉菌が増えます。
善玉菌は、悪玉菌の増殖や活動を抑えてくれます。
腸内が善玉菌優勢になると、免疫細胞は本来の機能を果たすことができるのです。
免疫細胞が活動しやすい環境を作ること=腸内環境を改善すること。

最初に述べたように癌細胞は毎日たくさん作られるので、腸内は常に良い状態を維持し続けなければいけません。
乳酸菌といえばヨーグルトや乳酸菌飲料ですが、毎日摂るのは大変ですよね。
そんなときにオススメなのが、乳酸菌サプリです。
乳酸菌サプリは、手軽に飲むことができます。

乳酸菌サプリを選ぶメリットは他にもあります。
サプリは形状的に乳酸菌を生きたまま腸に届かせやすいということ。
また、乳酸菌サプリには数種類の乳酸菌が含まれているので、健康効果を実感しやすくなります。

乳酸菌サプリは、食後に飲むようにしましょう。
食後は胃酸の分泌が弱くなっているので、生きたまま腸に届きやすくなります。
乳酸菌サプリは副作用がありませんし、安心して飲み続けることができます。

癌を予防するためには、食生活を改善しなければいけません。
食生活の改善はとても大事なことですが、継続させることは難しいですしストレスになりますよね。
癌を予防するには、ストレスを溜めないことも大事なことです。

乳酸菌を摂っていれば腸が健康になって、免疫細胞が活性化されます。
できる限りの食生活の改善+乳酸菌で癌を予防しましょう!