乳酸菌でカラダを整えよう

善玉菌の種類を知ろう

善玉菌の種類は、およそ500種類といわれています。
その中でも、代表的な善玉菌についてご紹介していきましょう。

善玉菌の代表的な菌といえば、乳酸菌とビフィズス菌です。
乳酸菌は糖質を分解して乳酸を作ることができる菌。
生きたまま腸まで届くもの(生菌)と、死んだ状態で腸に届くもの(死菌)があります。
生菌は腸内細菌のバランスを正常化し、死菌は乳酸菌のエサになってくれます。
また、乳酸菌はアレルギー疾患を抑えたり、血中の善玉コレステロールの低下を抑える働きもあるんですよ。

ビフィズス菌は、乳酸だけではなく酢酸も作ることができる菌。
大腸菌などの病原性腸内細菌の増殖を防ぐことができます。

善玉菌とビフィズス菌以外にも、聞き馴染みのある乳酸菌の仲間がいます。
善玉菌の仲間を三種類ご紹介しましょう。

まずは、酵母菌です。
酵母菌は、発酵するときに糖分・脂質・カロリーを分解して、アミノ酸・クエン酸・有機酸など人間に有益な成分を生成する菌。
酵母菌は、善玉菌を活性化させたり、活性酸素を抑えたり、免疫力を活性化させる働きがあります。

次は、麹菌です。
麹菌は、菌の体内で作ったタンパク質を菌の体外へ分泌・産生する菌。
多種多様の酵素タンパク質を生み出すことができるのですが、この酵素は消化を促進する効果があります。

最後は、納豆菌です。
納豆菌は、糖質やタンパク質を分解して消化を助けてくれる菌。
納豆菌を摂ると、ぜん動運動が活発になり不排便を解消することができます。
また、納豆菌は腸内の乳酸菌を増やす作用もあるんですよ。

このように、善玉菌の種類はとても豊富です。
このほかにもたくさんの乳酸菌が存在しています。
乳酸菌はお互いに助け合って、腸内の健康を維持してくれています。
腸内環境を善玉菌優勢にさせるためには、継続的にこれらの善玉菌を摂らなければいけません。
様々な種類の善玉菌を摂って、無理なく健康を維持していきましょう!