乳酸菌でカラダを整えよう

善玉菌にはどんな効果があるの?

善玉菌は腸に良いという印象がありますが、具体的にどのように良いのでしょうか?
また、善玉菌はどのような効果があるのでしょうか?

腸内には約百兆個の細菌が住み着いているのですが、大きく三つのグループに分けることができます。
それは、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三つです。
善玉菌は、腸内を酸性にして有害な菌などをやっつけたり、免疫力を高めてくれる菌です。
悪玉菌は、発ガン物質や毒素のある有害物質を作り出したり、腸内を腐敗させる菌です。
体の抵抗力を弱めたり、下痢や便秘などの便異常を引き起こすのは悪玉菌が原因。
日和見菌は善玉菌にも悪玉菌でもない菌ですが、善玉菌が優勢であれば善玉菌側につき、悪玉菌が優勢であれば悪玉菌側につく菌です。

この三つの菌がバランス良く存在していると、健康を保つことができます。
腸内の悪玉菌が優勢になると日和見菌も悪玉菌側につくので、様々な健康障害を引き起こしてしまうのです。
そうならないためには、常に善玉菌優勢の腸内環境を維持させる必要があります。

善玉菌の働きについては先程少し述べましたが、もう少し具体的に善玉菌の効果をご紹介します。
善玉菌の効果は、老化防止、肌トラブル解消、便異常の改善、ビタミンの合成、コレステロール値の改善などです。

善玉菌を活性化させるためには、善玉菌の仲間である乳酸菌やビフィズス菌を摂ること。
乳酸菌やビフィズス菌は、毎日摂らなければいけません。
その理由は、摂取した乳酸菌やビフィズス菌は種類にもよりますが、だいたい数日~一週間で体外に排出されてしまうからです。

乳酸菌やビフィズス菌を毎日摂る簡単な方法があります。
それが、サプリです。
乳酸菌やビフィズス菌のサプリは数多く販売されています。
乳酸菌サプリは、数種類の乳酸菌やビフィズス菌が含まれているので、ヨーグルトを食べるよりも健康効果を実感しやすいんですよ。

善玉菌は体に良い効果をもたらしてくれます。
善玉菌を活性化させるためにも、乳酸菌やビフィズス菌を摂り続けましょう!