乳酸菌でカラダを整えよう

女性の味方!便秘解消してくれる乳酸菌

便秘解消のために乳酸菌を摂ってみたけど、便秘が解消されないという方がいらっしゃいます。
本当に、乳酸菌は便秘解消に効果があるといえるのでしょうか?
乳酸菌には色々な種類があります。
乳酸菌は生きたまま腸に届くものと、消化液などの影響を受けて死菌の状態で腸に届くものの二種類に分かれます。
乳酸菌を摂っても便秘を解消できなかった方は、生きたまま腸に届く乳酸菌を選んでみてください。
生きたまま腸に届く乳酸菌は、L-92乳酸菌、ビフィズス菌BB536株、ビフィズス菌LKM512株、クレモリス菌FC株、KW乳酸菌などです。

乳酸菌と腸には相性があります。
乳酸菌を摂っても便秘が解消されないという場合、その菌が腸に合っていない可能性があるのです。
どの菌が自分に合っているか一つ一つ確かめるのは、とても時間がかかってしまいます。
そういう場合には、数種類の乳酸菌が含まれている乳酸菌サプリを利用することがオススメ! ほとんどの乳酸菌サプリは数種類の乳酸菌が含まれているので、便秘解消などの健康効果を実感しやすいのです。

ご紹介した二つのポイントを見直してもう一度乳酸菌を摂ってみると、便秘を解消することができるかもしれません。
乳酸菌を摂ると便秘を解消できるだけではなく、免疫力をアップできたりうつ状態を改善することもできます。

先程も紹介した乳酸菌サプリを利用すると、毎日無理なく乳酸菌を摂り続けることができます。
乳酸菌は毎日摂ることが大事。
また、乳酸菌サプリを摂るタイミングは、食後がベスト。
食後は胃酸の分泌が弱まっているので、乳酸菌が生きたまま腸に届きやすくなるのです。

腸内の善玉菌は、生活習慣や食生活の乱れやストレスなどで減ってしまいます。
健康な方でも、年齢とともに善玉菌は減少してしまうのです。
ですから、健康になりたいと思ったら今すぐに乳酸菌を摂ることをオススメします。

乳酸菌はポイントを押さえて摂れば、便秘を解消させることができます。
乳酸菌を摂り続けて、腸内環境を改善させましょう!