乳酸菌でカラダを整えよう

ヨーグルトで腸内環境を改善

ヨーグルトを食べると腸内環境を改善できます。
これは乳酸菌の働きによるものです。
ヨーグルトは種類がとても豊富なのですが、それぞれの商品に様々な乳酸菌が含まれています。
ヨーグルトを摂って腸内環境を改善させたいときには、どのようなヨーグルトを食べれば良いのでしょうか?
ヨーグルトのパッケージに「プロバイオティクス」と記載されているものがあります。
プロバイオティクスとは、人間の体に良い働きをしてくれる細菌のことです。
プロバイオティクスに求められる条件は、胃酸や胆汁酸などによって消化されずに腸まで届くこと、腸内で増殖できることなどです。
生きたまま腸に届く乳酸菌が入っているヨーグルトを食べ続けると、腸内フローラが善玉菌優勢になりやすくなります。
腸内が善玉菌優勢になると、腸内環境が改善されて便秘を解消できたり、免疫力をアップさせることができるのです。

ヨーグルトを摂って腸内環境を改善させたい方に、オススメの食べ方があります。
それがホットヨーグルトです。
ホットヨーグルトは、人肌に温めたヨーグルトのことです。
ヨーグルトを温めることで、腸を冷やすことがないので乳酸菌が活動しやすくなります。
ホットヨーグルトの作り方はとても簡単です。
耐熱容器にヨーグルトとはちみつを入れて、500Wで30秒ほど温めます。
時間が経ったらヨーグルトをかき混ぜてください。
ヨーグルトは温めすぎると菌が死んでしまうので、温めすぎには注意してくださいね。

ホットヨーグルトを食べるタイミングは食後がベストです。
食後は胃酸の分泌が弱まっています。
胃酸の分泌が弱まっているときにヨーグルトを食べることで、生きたまま腸に届かせやすくなります。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の健康効果を実感するためには、継続的に食べることが必要です。
毎回ホットヨーグルトを食べることが大変という方は、乳酸菌入りヨーグルトドリンクを作ってみたり、デザートに入れるなどアレンジをすると続けられます。
ヨーグルトを無理なく食べ続けて、腸内環境を改善していきましょう!