乳酸菌でカラダを整えよう

ヨーグルトでなぜ便秘解消?

ヨーグルトを食べると、便秘を解消することができます。
しかし何故、ヨーグルトが便秘解消に効果的なのでしょうか?
ヨーグルトの中には乳酸菌が含まれています。
乳酸菌は腸内で乳酸や酢酸をつくり、悪玉菌の定着や増殖を防ぎます。
また、腸内を酸性側に傾けて腸内の腐敗を抑制したり、腸のぜん動運動を促す働きもあるんですよ。

乳酸菌を摂ることで善玉菌が優勢になると腸のぜん動運動が活発になり、老廃物を体外に排出する動きも正常に戻ります。
乳酸菌自体の働きや、善玉菌の働きのおかげで、腸の動きが良くなり便秘を解消できるというわけです。

便秘解消に効果的な、ヨーグルトの食べ方があります。
それは、ヨーグルトにオリゴ糖やはちみつをかけて食べるという方法です。
オリゴ糖やはちみつは、善玉菌のエサになってくれます。
善玉菌のエサになるということは、善玉菌が増殖しやすくなるということです。
ヨーグルトに甘味を足すために、オリゴ糖やはちみつをかけて食べていた方も多いと思います。
これは理にかなった食べ方だったんですね。

便秘解消を促すために、ヨーグルト+オリゴ糖(はちみつ)をご紹介しましたが、より効果を上げることができる食べ方があります。
それが、ヨーグルトにバナナを入れることです。
バナナには、レジスタントスターチと呼ばれる成分が含まれています。
これは特に熟していないバナナに多く含まれているのですが、この成分は腸内の悪玉菌を抑制して善玉菌が増えやすい環境をつくる作用があるのです。
そして、バナナには食物繊維も多く含まれています。
便秘解消でお悩みの方は、ヨーグルト+オリゴ糖(はちみつ)+バナナをぜひお試しくださいね。
バナナはカロリーが高いので、食べ過ぎだけには気をつけてくださいね。

便秘解消を解消できてもしばらくすると、また便秘になるという方は非常に多いです。
便秘知らずの腸内をつくるためにも、ヨーグルトはできるだけ毎日食べるようにしましょう。