乳酸菌でカラダを整えよう

パニック障害に乳酸菌は影響する?

パニック障害の原因は、セロトニン不足といわれています。
セロトニンを増やすために必要なものが、乳酸菌です。
何故、乳酸菌を摂るとセロトニンを増やすことができるのでしょうか?

セロトニンは、別名「幸せホルモン」といわれる三大神経物質の一つです。
そんなセロトニンの約90%は腸内(小腸の粘膜にあるクロム親和細胞と呼ばれる細胞内)に存在しています。
ちなみにセロトニンは血液中に8%、脳内に2%存在しています。
腸内環境が悪化して悪玉菌が増えると、腸内で作られたセロトニンのほとんどが腸内環境を改善するために使われてしまいます。
そのため、脳内にセロトニンを十分に送ることができません。
ですから、腸内環境が整っていれば善玉菌が本来の働きをしてくれるので、セロトニンは脳内に正常に送られることができ、精神が安定しやすくなるというわけです。

セロトニンが不足するとパニック障害やうつ病になるリスクが高まります。
日常レベルで言うと、怒りっぽくなったり、不安を感じやすくなったり、何に対してもやる気が起きなくなってしまいます。
セロトニンを正常に脳へ運ぶことができれば、これらの症状を改善させることができるのです。

精神状態を安定させるために、規則正しい生活を続けたり、運動をし続けることはとても大変です。
しかしセロトニン不足を解消するには、乳酸菌を摂るだけでOK。
乳酸菌というと、ヨーグルトや乳酸菌飲料のイメージが強いですが、これらを毎日摂り続けるのは難しいですよね。
そこでオススメなのが乳酸菌サプリです。
乳酸菌サプリならどこでも手軽に摂ることができますし、カロリーも気になりませんし、続けやすいというメリットがあります。
パニック障害でお悩みの方は、乳酸菌を摂って腸内環境を改善することから始めてみましょう。
腸内環境が改善すると、気持ちだけではなく体も健康になりますよ。